クレジットカードで「安物買いの銭失い」をすると…

クレジットカードはとても便利な決済方法ですが、時折クレジットカードゆえに「うーむ…」と苦笑させられることもあります。ある時、1週間の海外旅行に出るのに、新たにスーツケースを購入しました。割としっかりした作りに見えたのに、復路の運搬中に手荒く扱われたようです。キャスター部分が破損しており、自分で持ち上げて運ぶしかないという事態になってしまいました。かなり安いスーツケースだったので保証などは一切なく、修理もできないのであきらめて処分することにしました。一回こっきりの使用だったなあ、と残念に思っていた所へ、絶妙のタイミングでクレジットカード会社からの請求書が…。すでに処分して手元にないスーツケースの支払いが、来月に控えているという事態です。珍しいことではないでしょうが、安物買いの銭失いでショックを受けている所へ、クレカ払いならではのダブルショックが入った感じでした。