月別アーカイブ: 11月 2016

クレジットカードのグレードについて首を捻った体験談

最近、かなりグレードの高いクレジットカードを持っている人に、その良さを自慢されまくる、という体験をしました。生活水準が大幅に異なる人なので、私にはイマイチ、メリットとして感じられないように思える事項ばかりだったのですが、彼女自身は非常に満足しているようです。とにかく高級レストランや観劇のチケットなど、ハイソな趣味に有用できる特典優待がたまらないそうです。ポイントが大量に取得でき、またそれが参加しているマイレージプログラムのマイルに換算できるので、旅行へ行くのがとてもお得だと仰いました。確かに、彼女の生活スタイルにはムダなく使えて素晴らしいと思えます。ですか最終的に年会費のお値段を教えてもらい、「…その分で航空機代出るんじゃ?」と首を傾げてしまいました。ひがみでは全くないのですが、やはりクレジットカードは自分の身の丈にあったものが一番いいな、背伸びはできない…と強く感じられた一件でした。

買い物をしてポイントが貯まってくれる

クレジットカードを自分で持つようになるまで、メリットというものがわかりませんでした。請求が後からくるのって怖くない?と思っていたのです。しかし一度、現金を持ち歩いて引ったくりに狙われカバンを盗まれ現金もなくなったことによりクレジットカードをもつようにしました。自分で持つようになってから分かったのですが、クレジットカードを使うことでポイントが貯まるのです。しかもポイントで交換できるものが自分の好みのものが多くて嬉しくなってしまいます。気が向いたときに自分のポイントを確認して、このくらいポイントがあるなら今欲しいと思っていたものとちょうど交換できるな、と思うと購入するより安いですし、お金を使いつつポイントも貯まりそれで欲しいものがもらえるというのはありがたいです。

クレジットカードの便利さには感服です!

私がクレジットカードを持ったきっかけは、海外旅行に行く際のホテルでの支払いのためでした。大量の現金を持ち歩くわけにもいかない場合には非常に便利でした。しかし、当初は海外旅行のためだけに、と思って作ったクレジットカードでしたが、一度インターネット通販を利用してからは、その便利さに感動してしばしば利用することになってしまいました。それまでの通販は、銀行に支払いに行かなければならなかったり、コンビニに支払い行かなければならなかったりと、時間を作ってどこかへ赴く必要がありました。その苦労がクレジットカードにはないのです。「自宅にいてお金を支払える」という、ただそれだけの当たり前すぎることでしたが、それまでクレジットカードでの買い物をしたことがない私にとっては革命的な出来事でした。一つだけ、これも当然のことですが、便利だからと言って使いすぎないようにだけ心がけています。