クレジットカードのグレードについて首を捻った体験談

最近、かなりグレードの高いクレジットカードを持っている人に、その良さを自慢されまくる、という体験をしました。生活水準が大幅に異なる人なので、私にはイマイチ、メリットとして感じられないように思える事項ばかりだったのですが、彼女自身は非常に満足しているようです。とにかく高級レストランや観劇のチケットなど、ハイソな趣味に有用できる特典優待がたまらないそうです。ポイントが大量に取得でき、またそれが参加しているマイレージプログラムのマイルに換算できるので、旅行へ行くのがとてもお得だと仰いました。確かに、彼女の生活スタイルにはムダなく使えて素晴らしいと思えます。ですか最終的に年会費のお値段を教えてもらい、「…その分で航空機代出るんじゃ?」と首を傾げてしまいました。ひがみでは全くないのですが、やはりクレジットカードは自分の身の丈にあったものが一番いいな、背伸びはできない…と強く感じられた一件でした。